コラム

ダニ予防の為の寝具選びとお手入れ

どんなに清潔にしたとしても、シーツや枕カバーなどの寝具からダニを完全に除去するのは難しいです。
アメリカやヨーロッパのような乾燥した大陸でさえ、寝具はダニの温床になっています。より湿気が高い日本では、かなりの工夫をしないと寝具がダニの大きな温床となってしまいます。
今回は、ダニの発生を抑える寝具の選び方を紹介したいと思います。

布の目の細かい寝具を選ぶ

ダニは非常に小さく、通常の寝具ですと、どんなに気をつけても布の目の隙間からダニが入ってきてしまいます。
しかし、高密度な繊維で織られた寝具はダニの通過を許しません。
さらに、表面のかぎ穴や生地の縫製部分にもこだわった寝具を選べばより効果的です。
ただし、寝具の表面にダニは発生します。定期的に表面についたダニを取り除きましょう。

湿気にくい寝具を選ぶ

人間は冬の寒い時期でも、寝ている間にコップ一杯分ほどの汗をかきます。 その汗のうち70%ほどが布団に吸収されることをご存知でしょうか?
布団に潜んだ湿気はダニの大好物。時にはダニの繁殖の原因にもなります。
ダニの発生を防ぐには、湿気をコントロールしてくれる寝具を選ぶことが大事です。
より快適な睡眠をとるためにも、湿気の残りにくい寝具を選びましょう。

防ダニ・防アレルギー対策がされた寝具を選ぶ

定期的に洗っているつもりでも、生命力の強いダニは死なず、寝具に付着したままということも。
完璧にダニを除去するためには、布団に直接掃除機をかけることも有効ですが、大きなお布団の掃除は意外と大変です。
より的確に、ダニの発生を防ぐためには、防ダニ・防アレルギー対策の施された寝具を選ぶのが、お手軽かつ安心です。

専門の業者に寝具のクリーニングを依頼する

防ダニ対策で最も重要なのは、寝具を清潔に保つこと。
しかし、ダニを除去するためには、60度以上に温めたお湯で洗う必要があります。
つまり、家庭用洗濯機の丸洗いではダニの発生を完璧に抑えることは不可能です。
定期的に専門の業者にクリーニングに出して、常に寝具を清潔に保つように気を付けましょう。

化学薬品を使用していない寝具を選ぶ

人生の3分の1は寝具の上で過ごすと言われています。
いくらダニ対策に優れた寝具といっても、化学薬品を大量に使用した寝具では快適な睡眠をとることができません。
肌に悪影響を及ぼすダニ忌避剤や殺ダニ剤などの防ダニ剤を使用していない寝具を選びましょう。