よくある質問

カテゴリー

※各質問事項をクリックすると回答が表示されます。

製品について

question

他の防ダニ加工布団と、どう違うの?防ダニ効果は、いつまで続くの?

一般に「防ダニ加工」とは、生きているダニのふとん内部の侵入を防ぐために中わたや側生地にダニ忌避剤(ダニを寄せ付けないための薬剤)を加工したものをいいます。
ヤマセイの防ダニ布団は、生きているダニのふとん内部への侵入を防ぐということだけではなく、一歩すすんで抗原(ダニの糞や死骸)を除去するため の「環境改善」にご使用いただくことを前提に開発されました。
防ダニ剤(忌避剤や殺虫剤)を用いないヤマセイの防ダニ布団は、側生地の特殊高密度織物と縫製からのダニの侵入を防ぐ特殊な工夫、そして二重構造で防ダニ効果を維持しています。
さらに、製品完成時に特殊高熱処理を行い、布団内部に「生きているダニが一匹もいな いふとん」をお届けさせていただいています。
これらの製法と構造は「防ダニふとん」として、日本初の「特許」を取得しています。 防ダニ剤など薬品を一切使用していませんので、赤ちゃんや肌の弱い方、アレルギー対策としても安心してご使用いただけます。
防ダニ効果は、破損など穴が開かない限り持続しますので、長期間安心してご使用いただけます。

question

ダニを通さない高密度のカバーって蒸れそう・・・。

綿100%で通気性、吸湿性に優れています。
ダニの侵入を防ぐため、一般のふとんカバーの生地より、織り目は細かくなっていますが、織り目を細かくしすぎないので、蒸れる心配はありません。
生地の通気性試験を第三者機関で行い、羽毛布団に用いられる生地とほぼ同等の通気性が確認されています。
また、綿100%の特殊高密度織物は、吸湿性もあり、気持ちよくご使用いただけます。

question

保温効果は?

ヤマセイの防ダニ布団は、
1、生地の織り目の細かさ、
2、中わたを側生地と内側生地で包む二重構造のため、従来の綿布団に比べ、保温効果が高くなってなっています。

そのため、従来の綿布団より綿量が少なく、若干薄く軽い布団になっています。
掛け布団によく見られるキルティングは、そのキルティング部から熱が逃げていくことが知られていますが、表面にキルティングのないヤマセイの布団ではその点からも高い保温性がございます。
そして、布団カバーの併用で更に保温性は高くなります。冬季のご使用やお住いのご形態によりましては、「肌掛け」を掛け布団に併用しながらご使用いただきますと、より暖かくお休みいただけます
防ダニを目的としている高密度織物(生地)は、ホコリの除去のしやすさなどから、表面の起毛が少なく、冬場の気温の低い季節などは、肌触りが冷たく感じられることもございます。
冷たさが気になります際は、布団乾燥機などを用いて、シーツ表面を軽く温めていただきますと、暖かくお休みいただけます。

question

ハウスダスト対策に綿製品の布団は不適なのではありませんか?

天然繊維の綿(木綿)は、人工繊維である化学繊維に比べ、天然素材であることの素性や、その繊維の長さから、一般的にはホコリとして繊維片が発生しやすいと考えられています。
繊維片の量は、生地や中綿に用いる綿の質(ランク)によっても異なり、一般的には、上質な(値段が高い)物ほど長い繊維の上質な物が用いられていることが多く、繊維片は出にくく(少ない)なります。
「ハウスダスト」というと、繊維屑、ダニ、ダニの糞や死骸、カビの胞子、花粉、人の落垢、その他昆虫の死骸、土ホコリなど、様々なものが集まり、その集合体の呼び名として「ハウスダスト」と呼ばれます。
ヤマセイの防ダニ布団は、一般の布団に比べても布団から発生する繊維ボコリも大変少なく、ハウスダスト(繊維のホコリ)が気になるお客様にもアレルギー対策としてぜひおすすめいたします。

question

木綿(もめん)の生地(綿製品)は、ホコリが出ると聞きました・・・

ヤマセイの防ダニ布団では、病院で行われた試験(*)において、
病棟で用いられている布団(中綿:ポリエステル100%)に比較しても、回収されたホコリの量は、平均値でわずか155分の1と大変少ないことが確認されています。
そして同時に測定が行われたダニのホコリの量(ダニ抗原量)では、 更にその差は顕著で、測定した多くで検出限界値を下回り、平均値でわずか431分の1と大変少ない値です。(生地表面には、ホコリとしてダニのホコリが付着することがありますが、粘着式ローラーを用いた管理で これらの殆どは簡単に除去されます)

*試験方法:掃除機の隙間ノズルを用いて、布団表面から5分間強制的にホコリを回収し、LCDアレルギー研究所にて測定
測定実施数/防ダニ:88、一般:76(延べ数)
参考文献:アレルギー45、アレルギーの臨床

question

防ダニ布団を使っても、家の中でダニがいるのは布団だけではないと思います。
だったら布団だけ防ダニ・ダニ対策をしても不十分なのでは?

ダニ対策は住まい全体のケアーをすすめることがとても大切です。
しかし、人が暴露されるダニのホコリは、床ゴミからよりも、布団からの影響が強いということが医学界では報告されており、ダニ対策をすすめる上で、布団のダニ対策はとても重要な対策です。
ヤマセイでは具体的なお住まいへのダニ対策について、皆様のご質問にお答えしています。
どうぞお気軽にお電話でお問い合わせください。

お手入れ・使い方

question

ダニ対策として、(一般の)シーツや布団カバーを毎日洗濯しています。とても大変です。
いい解決策はありませんか?

ヤマセイの防ダニカバーなら、ダニを洗い流すことを目的とした頻繁なお洗濯は、必要ありません。
ヤマセイの防ダニカバーは、高密度織物の効果により、ダニが生地の中にもぐる事ができません。
そのため、日ごろのお手入れは「こまめな洗濯」ではなく、粘着式ローラーを用いて表面に付着したホコリ(ダニ)を取り除くだけでダニ対策としては十分です。
洗濯は汗や皮脂汚れが気になるときに行っていただければいいので、洗濯回数も減り、家事の負担を減らす点でもお役に立てると思います。

question

お手入れは簡単ですか?

扱い方は普通の布団と変わりません。
お天気の良い日に週に一度程度日に干し、乾燥させてください。
布団乾燥機もご使用いただけます。
お休み前に、粘着式クリーナーなどを用い、布団やカバーの表面に付着するホコリを取っていただくだけで、布団由来のダニのホコリの心配がなくなり、ダニ対策、アレルギー対策効果があがります。
布団の中にダニが侵入しませんので、ダニを吸い出すための掃除機がけや、除去するための丸洗いは必要ありません。
実際の取り扱い説明は、商品添付の取り扱い説明書やWeb頁をご参照ください。

question

長期間押入れで保管する際に注意することはありますか?

普通の布団と同様に、押入れなどへ収納してください。
保管中にふとんの中でダニが増殖する心配はありません。押入れの中は、一般的に通風が悪く、湿気が溜まりやすい場所です。長期間の収納前には、天日に干すなどし、乾燥させてから保管していただくことをおすすめします。
また、押入れ用除湿剤を併用いただいても結構です。
押入れなどで長期間収納していた布団を再びご使用の際は、天気のよい日に天日に干し、粘着式カーペットローラーを使い、表面に付着しているホコリを取り除いてからご使用ください。
布団圧縮袋をご使用になり強く圧縮されますと、中綿の嵩高が戻りにくくなりますので、ご使用にならないでください。湿気対策として、布団圧縮袋で密封する場合は、圧縮せずに封をしてください。

question

丸洗いはできますか?

布団、カバーともお洗濯は可能です。
ご自宅でお洗濯が出来るものは各種カバー、シーツ、肌掛け、2枚合わせ掛け布団となっております。
それ以外のお布団はヤマセイクリーニングサービス、またはお近くのクリーニング店へご依頼ください。

1 : 布団について
布団の丸洗いは可能です。
丸洗いご希望の際は、クリーニング店など専門業者にご依頼ください。
その際、タグや名札、番号札等をふとん生地にホッチキスや安全ピンなどで留めてしまうと、その針穴がダニ対策上問題になります。
クリーニングご依頼時に、穴あきにはご留意いただくよう、お客様から業者へお申し添えいただき、
タグなどは、品質表示のラベル等へ留めていただくように、ご依頼ください。(極まれにですが、わた寄りを防ぐため、綴じ糸をされてしまう事故がございます。
わた寄り防止のため、布団内部でキルティングや綴じを施してありますので、クリーニング時の外からの綴じは不要です。
クリーニングをご依頼時には、業者さんへ一言お伝えください)

*布団内部にダニが侵入しませんので、ダニを洗い流すための丸洗いは必要ありません。

2 : カバー、シーツ、肌掛けについて
ご自宅の洗濯機で、普通に洗濯をしてください。洗濯後は、自然に乾燥させてください。
衣類乾燥機のご使用や浴室乾燥室での乾燥も可能です。
*衣類乾燥機をご使用の場合、通常の自然乾燥より強く縮むことがございます。
*詳しくは、商品添付の洗濯表示や取り扱い説明書をご参照ください。

アイテムの揃え方

question

子供のダニ対策に購入を考えています。親も一緒に寝ています。

医師からダニ対策をすすめられ、防ダニ寝具をご使用の際は、下記の点にご留意ください。

1 : 同じお部屋でおやすみのご家族の寝具全てにおいて、お子様同様のダニ対策を進めることが理想的です。
2 : ご本人のみのご使用では、他の方の寝具から発生するダニのホコリ(糞や死骸など)でお部屋の中が汚染され、それらを吸い込んだり、接触したりなど、防ダニ寝具をご使用のお子様が、ダニのホコリを十分に回避出来なくなる可能性があります。
3 : そのため、一般の布団をご使用のご家族がいらっしゃる場合、同室の全員が防ダニ布団をご使用いただくか、 防ダニふとんをご使用のお子様とはお部屋を分けるなどしてください。
お子様がおやすみになるお部屋をインテリア全般を含め、簡易的なクリーンルームにしていく という考え方が、ダニの(糞や死骸などの微細な)ホコリを回避する上では理想的なダニ対策、アレルギー対策となります。

question

毛布に付着するダニが心配です。洗濯をすれば除去出来ますか?

洗濯により、ダニの数が減少することは、複数の研究者から報告されています。
しかし、洗濯後もダニはすぐ増えてくるため、繰り返し洗濯するなど、継続的なお手入れの必要性も指摘されています。
ヤマセイでは、表面に毛布のような起毛のない新しいタイプの「肌掛け」を毛布、タオルケット代わりにご提案しています。
起毛にからむダニの汚染の心配がなく、また内部にもダニが入らない製法により、ダニを除去するための定期的な丸洗いは必要ありません。
また、綿100%で 吸湿性も高く保温性も高く、さらっとした肌触りが気持ちいい、とご好評をいただいています。
ご家庭の洗濯機で丸洗いが出来ますので、いつも清潔にご使用いただけます。

question

防ダニふとんと手持ちの布団を一緒に使ってもいいですか?

お手持ちの寝具は、多量のダニ(糞や死骸などのホコリも)を含んでいることが考えられます。
そのため、それらから発生するダニのホコリを吸い込んだり、接触することを避けるためには、お手持ちの寝具を併用しない環境でご使用いただくことが理想的です。
*ダニ対策に効果的な布団の組み合わせについて、皆様のからのご相談にお答えしております。
ご購入の有無に関わらず、お気軽にご相談ください。
お客様コールセンター(フリーダイアル)0120-236-007

question

「掛け布団綿混」と「掛け布団軽量」の違いと選び方について教えてください

「掛け布団軽量」は、中綿がポリエステル100%となっており、比較的軽めな掛け布団です。
お子様や女性の方にお勧めしております。
「掛け布団綿混」は、中綿が綿70%、ポリエステル30%で、「掛け布団軽量」に比べ、重みがあり温かい掛け布団です。
ヤマセイの「掛け布団」は、一般的な「掛け布団」に比べ、保温性の高さから若干(厚みが)薄めに出来ています。
マンションのように気密性が高く、冬場でもそれほど寒くないお住まいや、軽い布団がお好みの方には「掛け布団軽量」を。
比較的涼しいお建物や、冷え性のお客様は「掛け布団綿混」を ご用意いただき、必要に応じて、毛布代わりに「肌掛け」を合わせてご使用ください。

*掛け布団の組み合わせや温かさの感じ方は、個人差や建物の形態により変わりますので、上記はご参考としてご覧ください。
*布団の組み合わせについてなど、皆様からのご相談にお答えしております。
ご購入の有無に関わらず、お気軽にご相談ください。
お客様コールセンター(フリーダイアル) 0120-236-007

question

「肌掛け」には、「掛けカバー」は必要ですか?

「肌掛け」はご家庭の洗濯機で丸洗いができます。
そのため「肌掛け」への「掛けカバー」のご使用は不要です。

question

Dr.ダニゼロックの「パイプ枕」と「綿枕(わた枕)」の違いを教えてください。

「綿枕」は防ダニ布団同様に、ダニの侵入を防ぐ二重構造になっています。
「パイプ枕」は詰め物(充填物)がポリエチレン樹脂で、通気性が良く、素材からの発塵がないことと、ダニの住処にならない、といった特徴があります。
枕の固さについては、「綿枕」はやわらかめ、「パイプ枕」はふつうになります。
また、「パイプ枕」は、側面についているファスナーから詰め物を減らし、高さの調節が可能です。
小さなお子様がご使用の場合、体格に合わせ高さの調節をしていただくことができる「パイプ枕」をおすすめします。

question

おねしょ対策に、防水シーツを使いたいのですが?

防水シーツは非通水性のため、ダニの通過はありませんので、お使いいただけます。

question

ダニゼロックはどこかの店舗で販売していますか?

「ダニゼロック」は、ダニ対策・アレルギー対策へのこだわりから、通信販売のみとさせていただいております。
そのため、お手にとってご覧いただくことが出来ず、ご不自由をおかけいたします。
ご希望のお客様には、小さなものですが生地見本をお送りしておりますので、資料請求よりお申し込みください。

お部屋の環境

question

布団から出るホコリが気になります。

布団の上げ下ろしの度、鼻をムズムズさせる方も多いのではないでしょうか?
実はこのホコリの中にはダニの糞など、アレルギーの原因となる悪いホコリがいっぱい含まれています。
通常の居間などに比べ、睡眠中の枕元では約8倍、布団の上げ下ろしでなんと1,000倍ものダニのホコリが浮遊することが、国立の研究所から報告されています。
しかし、従来使用していた布団から、ヤマセイの防ダニふとんに交換することで、空気中に浮遊するダニのホコリが大幅に少なくなることも確認され、アメリカのアレルギー雑誌や国内のア レルギー関連の報告書でも報告されています。ダニ対策、アレルギー対策として有効です。

question

ダニ対策として毎日布団に掃除機をかけています。とても大変です! いい解決策はありませんか?

ヤマセイの防ダニ布団は、布団の中にダニが生きているダニが一匹もいない、入らない布団です。
そのため、ダニを吸い出すための、布団本体への掃除機がけは必要ありません。
ただし、ホコリがたたないテーブルの上にもホコリが付着するのと同じように、防ダニ布団(防ダニカバー)表面にも使用過程でホコリが付着します。
これは、市販の粘着式クリーナーを用いて、表面に付着したホコリを取り除くだけで十分ダニ対策として効果があります。
お掃除の労力が軽減され、お手入れの時間も大幅に短縮されます。

question

ダニの少ない部屋にするには?

ダニの少ないお部屋作りは、お掃除とインテリアの工夫がポイントです!
掃除は生きているダニや糞などのホコリを減らすだけでなく、ダニの餌になるホコリも同時に減らします。掃除回数は少ないより多いほうがいいのですが、毎日頑張らなくても大丈夫!
週に一回から二回の掃除を目安にし、一回あたりの掃除時間を長くするほうがダニ(糞なども)の除去には効果的といわれています。
また、ダニの住処になるインテリアグッズは、なるべく持たないようにしたいですね。
もし、それらをなくすことが出来ない場合には、ダニを減らすためのお手入れを行ってください。
ダニはあたたかく湿度の高い環境で繁殖が活発になります。
窓を開けて積極的に換気をしたり、湿気を発生させるインテリア(植物や水槽、洗濯物の部屋干しなど)を持たないなど、お部屋の湿度の上昇にも気をつけましょう。