コラム

想像以上に潜んでいる!?布団の中のダニ

花粉症をはじめ、金属・食べ物によるアレルギーなど、現代人は様々なアレルギーに悩まされています。アレルギーとまではいかなくても、ホコリやカビの多いところに行くと、クシャミや鼻水が止まらないという人も多いのではないでしょうか。
アレルギーには多くの種類がありますが、最も多いのは「ダニ」によるアレルギーです。ホコリやカビが原因だと思っていたアレルギーも、調べてみると実はダニが原因だったというケースも少なくありません。 調査によると、ダニの中でもアレルギーの原因となっているのは、室内にいるダニの80%を占める「チリダニ」です。このチリダニが最も好む条件をぴったりと満たしているのが寝具です。 布団やベッド、枕の中には、数十万匹のダニが潜んでいるそうです。なぜ、チリダニは寝具の中を好むのでしょうか?

ダニが寝具の中に潜む理由

  • ・人の身体から出る汗や体温が、布団をダニの好む環境にする
  • ・人の身体から出る垢やふけを、ダニが好んで食べる
  • ・布団は繊維の中に潜り込めるので隠れることができる。
    (暗い場所を好みます)

このように寝具はダニにとってパラダイス。さらに生きているダニだけではなく、ダニの死骸や糞もアレルギーの原因となるので、放置しておくとダニーアレルギーの原因はドンドン増えていくばかり。 この状態を防ぐためにはしっかりとした対策を取らなければいけません。

ダニの対策

1.ダニの繁殖を防ぐ

布団の中を、ダニが繁殖しにくい温度と湿度にします。気温は季節や天気によって変わるので難しいですが、湿気は努力次第でコントロールすることができます。雨季や夏は湿度が上がらないようこまめに換気。2箇所以上開けてあげて空気の流れを作るとよいでしょう。除湿機などをお持ちの場合は除湿機で部屋の湿気を取り除いてください。

2.ダニを取り除く

定期的に布団を丸洗いにして天気の良い日に干します。さらに掃除機で死骸や糞を吸い取ります。手間はかかりますが、最近はダニ用の掃除機ノズルがあるので試してみてください。ベッドは、干したり洗ったりできないので、掃除機で念入りに吸い取りましょう。
※ Dr.ダニゼロック商品のお布団へのお掃除機がけは必要ありません。

3.ダニを退治する

ダニは高温を嫌いますから、布団にアイロンをかけるのが効果的。スチームアイロンを使って、布団内部まで熱が届くようゆっくりとアイロンを掛けてみてください。布団乾燥機で湿気を取るのもおすすめです。
※ Dr.ダニゼロック商品のお布団へのアイロンがけは必要ありません。

・部屋の湿度を50%未満に維持する

ダニは50%以上の湿度を好みます。そのため部屋の換気をこまめに行う。もしくは除湿機、エアコンの除湿機能を浸かって湿度が高くならないように注意してください。

まとめ

ダニはとても小さいので気づきにくいですが、寝具には想像以上にダニが潜んでいます。 ダニは生命力がとても強いので、完全に室内から追い出すことは難しいかもしれません。しかし、ここで紹介した方法でかなりの数は減らせます。ダニアレルギーが気になる方は、すぐにでも試してみてください。