コラム

ダニが繁殖する環境とは?

ダニは、ハウスダストの元になったり、アレルギーを発症する原因となります。
そんなダニは、できることならば室内から一匹残らず除去したいところです。
しかし、どれだけ隅々まで掃除機をかけて綺麗に掃除をしたとしても、ダニを完全に排除することはできません。 ですがいくつかのポイントを押さえておくことで、ダニを確実に減らすことは可能です。

ダニを減らすには、ダニにとって居心地の悪い住環境にしていくことが重要です。
では逆に、ダニにとって居心地の良い環境とはどのようなものなのでしょうか?
今回はダニが繁殖する環境についてまとめました。 まずは一通り読み進めてみてください。

エサ

ダニも生き物なので、繁殖するには食べ物が不可欠です。
ダニの食べ物と聞いて、何を思い浮かべますか?
実は人間が生活しているだけで、ダニの食べ物を提供しています。
例えば、人間のフケや垢、食べかすなどです。
種類によっては、室内のカビなどをエサとするダニもいます。

温度

ダニは夏場に大繁殖しますが、この時期にダニが多くなる理由の1つは、温度にあります。
ダニは、25度前後の高い温度を好むのです。
逆に、低い温度の場合にはダニはほとんど繁殖しません。
しかし死んでしまうわけでもなく、動かずにじっと生きているのです。
ダニが死ぬ温度は、マイナス10度以下の超低温ですが、そこまで室温が下がることはまずないからです。

湿気

ダニが繁殖するには65%以上の湿度が必要だと言われていますが、ダニが夏場に活発になるのは、湿度が高いからでもあるのです。
ダニは湿度が低いと繁殖することができないばかりか、湿度が低いことはダニにとっては致命的です。
ダニはかなり低い温度でも生きられますが、湿度が低すぎると死んでしまいます。
しかし、冬場に室内が乾燥するからと言って、ダニが死滅してしまうことはないでしょう。
こたつや布団、ソファーの奥など、局所的に高温・高湿の場所があるとそこで難なく冬を越してしまうからです。

モノ

当たり前ですが、住処として適切な場所がないと、ダニは生き続けることができません。
ダニにとって住処となるモノはと言えば、布団、枕、こたつ、絨毯、畳、ぬいぐるみなどが一般的です。
これら以外にも、エサがあり、高温で、高湿な場所があれば、ダニは繁殖します。

いかがだったでしょうか?
ダニを減らすには、まずはダニの住処となるような環境を作らないことが先決です。
中でも布団は、ダニの住処としては最高の環境だと言えます。
防ダニ機能やアレルギー対策を施した布団を利用して、ダニの繁殖を予防していきましょう。