コラム

寝室におけるホコリ(ハウスダスト)の動き

リビングルームはゲストを招く部屋でもあるので清潔にしている方は多いと思いますが、プライベートな空間である寝室はいかがでしょうか?
本来なら、1日の疲れを取り、安らげる空間であるべき寝室こそ清潔を保たなければならないのですが、実際にはリビングよりも寝室の方がダニやハウスダストが多い傾向にあります。
今回は、寝室におけるハウスダストおよびアレルギーについて考えてみたいと思います。

敷物の重ね敷きはホコリ(ハウスダスト)の元

寝室は、特にアレルギー物質(アレルゲン)を遠ざけておきたいところです。 そのためには、出来るだけ“畳の上にカーペットを敷く”や“絨毯の上に敷物を広げる”――といった「床面を二重三重にしないことが大切です。
敷物を重ねると、床にハウスダスト(チリ・ダニ)が溜まりやすくなる上に、湿度の高い、通気性の良くない空間が生まれることで、ダニやカビが繁殖しやすくなります。
ハウスダスト対策には、敷物を重ねない・起毛になっているラグ(敷物)もダニは暗い空間も好みますので、そのような空間をつくらないことがポイントです。

掃除のタイミングは起床直後と帰宅直後

掃除する順番は意識しても、掃除のタイミングまで意識している方は少ないかもしれませんね。
ホコリやチリは、人の動きによって舞い上がります。そのため、せっかく頑張って掃除してもハウスダストがキレイに取りきれていないことがあるかもしれません。ホコリは室内に人の動きがないと、棚や床に積もるので、掃除をする時は起床後や外出から帰ってきてすぐなど、ホコリが積もっている時に行うのがベストです。

ホコリ(ハウスダスト)除去のポイント

お部屋の掃除のポイントですが、最初は硬く絞った、濡れ雑巾(モップ)で拭き掃除をしましょう。
いきなり掃除機をかけてしまうと、せっかく床に積もっているホコリが掃除機の動きや排気で舞い上がってしまいます。まずは、積もったホコリをそっと取り除きましょう。 窓を開けたりエアコンをつけると空気が大きく動き、ホコリが舞い上がってしまうので、出来れば窓を閉めたまま掃除することが望ましいです。

ホコリ(ハウスダスト)がシミの原因になる場合もある

通常、ホコリは軽く“乗っている”だけなので簡単に取り除くことができます。
しかし、時間経過などによって油分が絡みつくと、こびりついて、やっかいな汚れに変わります。
こうなってしまうと、水拭きや洗剤拭きでなければキレイになりません。 また、さらに放置しておくと、材質の表面に染みこんでシミになる恐れがあります。「たかがホコリ、されどホコリ」です。ホコリは“乗っている”内に取り除きましょう。